So-net無料ブログ作成

やっと週末

1月27日(土)。
2週間休み無く働き、久しぶりの土曜日。
土曜日は早く診療が終わるので、帰りに駅前の魚屋へ。。

ここはいつも品揃えがあり新鮮。
思わずみとれて、赤なまこ2本、北寄貝4個、赤貝4個を購入。
やはり赤なまこは味が違う。
スーパーの切りなまこはおいしくない。

店員さんが「剥きましょうか?」と、
「いえ、自分でできます」
やはり貝は自分で開けるに限る。

さて自宅で料理開始。
なまこはそのままだと子供たちには硬いので下処理。
↑なまこは娘の大好物。親に似てつまみ系が特に好き。

軽く茹でるのだが、日本料理のいきつけのお店では番茶を使う。
家に番茶が無いので、今回は普通のお湯。
軽く茹でてからそのまま切る。

そしてこのわた。
なまこの腸。
砂があるから砂を搾り出してそのまま漬け汁へ。
昔の人はよくなまこに挑戦したな~と思う今日この頃。

今日は昆布と鰹節で出汁をとり、醤油、味醂、米酢で漬け汁をつくり冷蔵庫に。。。
私は甘いものを好まないので基本的に調味料の甘味は味醂のみ。

貝は北寄貝をナイフでこじ開ける。
貝柱をはずすのがコツ。
そして中身をひもと貝の中身に分けて内臓?を掃除する。
最初はグレーの貝がさっとお湯にくぐらせ、氷水に取ると鮮やかなピンク色に。

赤貝も同様に行うが、まな板が大出血~!!!
普段出血は見慣れているが、この色は微妙に違う。。(笑)
寿司屋だと威勢よくまな板に叩きつけて貝がビニョーとなるのを見せるのだが、
我が家ではそのまま盛り付け。


後はメインディッシュ。
3女のリクエストで治部煮を採用。
治部煮は金沢の郷土料理。

出汁がきいたとろみのある汁が美味。
私は茄子も入れるのだが、娘はこれで茄子が大好きになった。

ではレシピを。。。
鴨のもも肉(冷凍):半解凍するとスライスしやすくなる
茄子:包丁で格子状に細かく切れ目をつけて素揚げ
しめじ:手でばらばらに
長ネギ
しょうが:すりおろして多めに用意

先ほどのなまこに使った出汁の中に、片栗粉をまぶした鴨肉を入れる。
鴨のスライスはスーパーの生物用のビニールに片栗粉と一緒に入れてモミモミ。
手が汚れなくて簡単。

先ほどの昆布と鰹節の出汁に醤油、日本酒を適当に入れて
鴨肉を粉を軽くはたいて入れて熱を加える。
そしたら素揚げした茄子としめじ、長ネギを投入。
最後のポイントは大目のしょうがのすりおろし。

今回はおこげをイメージして切り餅を6等分して軽く素揚げ。
油が高温だと破裂!!!します。
あくまでも低温で軽く膨らむ程度。

その上に治部煮をかけて出来上がり。

治部煮は見た目が暗いが味は抜群。

そして私の食卓ができあがり。

左上から時計回りになまこ酢。
もやしサラダ。

もやしサラダはさっと茹でて五代庵の梅塩をさっと振りけずり節。
ドレッシングもいいが、素材の味を生かすにはあまりいじらないほうがいい。

炒り銀杏。
この銀杏は患者さんの和尚さんのお寺で取れたもの。
毎年頂くが、とても美味しい。
でも銀杏は何であんなに臭いのだろう。

小学校のとき、朝の朝礼のときに銀杏が校庭の中央にあり
落下したのを踏みそうで嫌な思い出がある。
黄葉の黄色は目が安らぐが鼻は安らがない(笑)

そしてビール用のマイグラス。
陶器だと味がある。
でもちょこっと欠けている。。。

冷蔵庫におかひじきがあり、ツナとマヨネーズで和えてみた。
大人用には糸唐辛子をトッピングしてある。

そして刺身の盛り合わせ。
今日はブログ初回で頑張ってる???
娘たちには生物は気をつけている。
大人と違いあたると危険。
ましてや長女は今受験生。

おこげ風治部煮も大評判で完売御礼。
最後は茶そばで〆。


3束茹でたのにあっという間になくなり、
結局2束茹で直し。
成長期の娘たちの食欲に驚く。

最近はスーパーでも調味料系はエスニック、中華にばかり目が行く。
糸唐辛子は韓国料理で知ったのだが、そんなに辛くないし、
トッピングや色つけに重宝する。


ユウキ食品 糸唐辛子(チャック付) 5g (6入り)


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 1

Ujiki.oO

So-netブログ在籍中はお世話になりました。
So-netプロバイダーの解約によって、7月末にSo-netブログは削除されました。
Nice!を戴いたことを感謝して、
「 So-netブログ 転出 Movabletype 」の3ワードで Google検索しますと、わたしの fc2 や WP の記事がトップページに表示され、So-netプロバイダーをキャンセルする前に So-netブログを転出させる方法を解説しております。
色々とありがとうございました。
by Ujiki.oO (2018-08-09 23:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。